虫歯予防の強い味方!デンタルフロスを分析してみました!

>

虫歯はこうなって身体を蝕んでいく

このコラムをシェアする

こんな歯磨きはNG

なんとなく磨いているだけでは、虫歯予防を含むケアとしては不十分です。いくら歯磨きをしても口腔内でトラブルが続くかたは悪い磨き方をしているのかも知れません。

汚れを落としたい一心からゴシゴシと力を入れて磨くのはNGです。力の入れすぎは歯を構成しているエナメル質を削ってしまう、また歯茎を後退させてしまうので知覚過敏になるリスクが高くなります。ボールペンやお箸を持つくらいの軽い力で持って磨くと良いでしょう。

磨く順番を決めずに歯磨きするのも磨き残しを出してしまうのでNGです。奥歯や裏側など磨きにくい場所を意識しながら、丁寧に磨くと良いです。磨き残しは染め出し液でチェックが出来るので、気になる方は定期的に確認してみましょう。

いくら磨いてもキレイにならない?

「いくら磨いてもキレイにならない!」「黄ばみが気になるのに落ちてくれない。」これらの悩みが解決しない場合、歯磨きする時間帯やタイミングが間違っている可能性があります。

食事をすると口の中にプラークという虫歯の栄養が付着します。虫歯はそれを取り込んで大きくなり、酸を出して歯を溶かします。虫歯とプラークをくっつけない為に食事の後はすぐに歯磨きすると良いです。歯磨きする際に使う歯磨き粉も、歯周病予防や着色防止に特化しているタイプと様々です。

自分にあった歯磨き粉を選択する事がキレイな歯への近道です。当然ですが歯磨きをした後に食事や糖分をたっぷり含んだ飲料を飲むと歯磨きの意味がなくなってしまうので気をつけて下さい。