デンタルフロスの使い方も虫歯予防の頼れる味方となる

虫歯予防の強い味方!デンタルフロスを分析してみました!

普通の歯磨きでは落ちない汚れも存在する?

「虫歯が痛むので歯医者へ行く。」ほとんどの方が経験した事のある事象ですが、虫歯は放っておくと様々なトラブルに繋がります。虫歯はミュータンス菌と呼ばれる細菌の集合体で砂糖を含む、糖分を栄養にしています。虫歯を放置すると痛みが生じるだけでは無く、神経を冒す事で口臭が強くなってしまうケースもあります。

まずミュータンス菌が歯に付着すると酸を出しながら表面のエナメル質を溶かしていきます。初期の虫歯はエナメル質が溶け出してはいるものの白く濁っているだけで、痛みを含む症状はありません。この状態であれば適切なブラッシングやフッ素の塗布で改善します。エナメル質がどんどん溶けていくと黒ずんでしまい、この時点で虫歯だと気付くのがほとんどです。痛みはありませんが黒ずんだ部分を削ってレジンを詰めて治療するのがポピュラーです。

ちなみにこの段階でも痛みや違和感はありません。更に虫歯が進行するとエナメル質の奥にある象牙質に到達します。この時点で冷たいものや熱いものがしみる様になり、痛みが生じる場合もあります。痛みで歯医者へ駆け込むのはこの時点が多いです。虫歯に冒された部分を削り、インレーと呼ばれる詰め物をして治療していきます。象牙質の奥にある神経に虫歯が到達すると何もしていなくても激しい痛みが生じ、神経の除去をしなければなりません。

それでも放置すると歯の根っこに到達し、歯の大部分がなくなります。神経がなくなっているので痛みはありませんが口臭が出る、根っこに膿が溜まり発熱する事もあります。

おすすめリンク

座間で人気のインプラント歯科に聞いてみた!

座間の歯科はココがスゴイ!インプラント実績が豊富で安心・安全な治療をモットーにしています!

稲城で仕事帰りにも通いやすい歯科

仕事帰りに治療が受けられる稲城の歯科をピックアップ。通院しやすくすることで早期治療を目指そう。

千葉市ではじめてインプラント治療でも安心の歯科

千葉市内にあるはじめてインプラント治療する人でも安心のインプラント初心者のための歯科。

虫歯はこうなって身体を蝕んでいく

毎日数回行う歯磨きですが、いくら丁寧に磨いても細かな部分は中々落ちないものです。 「毎日しっかり歯磨きしているから大丈夫。」と思ってケアを怠っている方もいますが、実は歯ブラシだけでは不十分というエビデンスもあります。その真偽について説明しています。

デンタルフロスって本当に効果があるの?

糸状の繊維を歯のスキマに入れて汚れを取る。一見シンプルな方法ですが、とても効果的といわれているデンタルフロス。 歯科医院では歯磨き指導と一緒に使い方を教えているところもありますが、毎日使っている方はほんの一握りです。ここではデンタルフロスのメリット・デメリットを公開しています。

デンタルフロスを使う際の注意点

シンプルで使い方にちょっとしたコツがあるので、人によっては苦手意識があるケースもあります。 上手な使い方を覚えられたら虫歯に対して心強い味方になってくれるのはもちろんですが、使っていく中で気をつけるべきポイントはあるのでしょうか。使い始めの方は特に知って欲しい情報です。